いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ディセンダント2

【概略】
4人のヴィラン・キッズに加え、新たに『リトル・マーメイド』の悪名高きヴィラン・アースラの娘や『美女と野獣』のガストンの息子らが登場。第二弾。
青春


.0★★★☆☆
なんと続編がでました。ディズニー・ヴィランズの子孫たちを描いたTVミュージカル映画第2弾。
ヴィランズの子供4人は、善人が住むオラドン合衆国の暮らしに馴染もうと奮闘。そんな中、「美女と野獣」ビーストの息子ベンと恋人になったマレフィセントの娘マルは、王室の一員になるプレッシャーから逃れるために、悪のルーツである生まれ故郷ロスト島へ。そこでは、アースラの娘ウーマが仲間を率いていた。自分たちをオラドン高校に招かなかったと妬むウーマは、フック船長の息子ハリーと、ガストンの息子ギルを引き込み、悪巧みをするのだった…。
相変わらずノリノリの歌とダンス、展開は楽しい。
ただ終盤、アースらの娘のタコ足+マルのドラゴンになるのはちょっとなー。ベンの「大切なのは島の未来だろ」で去って行くウーマ…。
個人的には白雪姫的(白雪姫の女王の娘)なイヴィが相変わらずいいキャラしている。服とか小道具とかのファッションセンスがいいよね。マルも金髪紫よりも元の自分に近い紫髪のほうがやっぱかわいいし。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。