いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

銀魂-ミツバ篇- dTVオリジナルドラマ

【概略】
真選組・沖田の下に近々結婚することになった姉・ミツバがやって来る。ミツバとの再会を喜ぶ沖田だったが、実は彼女の体調は思わしくなく…。
SF時代劇


.0★★★☆☆
原作の数あるエピソードの中でもファンの間で人気の高い「ミツバ篇」を実写ドラマ化。大ヒット実写劇場版は映画館に見に行ったものの、dTVは見れなかったのでね…楽しみにしてました。土方さんと総悟ファンはいわずもがな、感涙必至のエピソードですよね。
主演の小栗旬はもちろん、真選組局長・近藤勲に中村勘九郎、鬼の副長・土方十四郎に柳楽優弥、ドS・沖田総悟に吉沢亮が再登場。沖田ミツバ役に北乃きい。
映画と連動された企画なんだし、せっかくなんだから、できれば映画の特典ディスクに入れたい内容だった。そしたら映画のセル版買う人もっと多かったんじゃない?と思う。内容は再現率はまぁぼちぼちなんじゃないかなと。原作やアニメなんかと比べちゃうと、やっぱりもっさり感はあるし。
キックが絶妙な重い感じで入るの良かった。アクションは色々中途な感じがしましたが。
そうそう、山崎。映画には出てなかったので…うん、なんか、普通。いやキャラ的にはそれでいいんじゃないでしょうか。所詮ジミーだし。でもミントンやってそうなイメージはなかったな(笑)
あと土方さんの柳楽さん、なんか映画でもそうだったけどふらふらしてるんだよね、そこが気になる。まあ煙草咥えながら会話すんのとか漫画とかアニメな世界だし、常に微動だにしないようなキッと凛々しくすんのは難しいのかな?総悟の吉沢さんは最期のミツバの死のところの表情が動かないので、残念。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。