いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルー

【概略】
パートナーのギデオンと時空を旅するグウェンは、若き日の祖父と遭遇し、一族の真実を探ろうと単身動き始める。だが、“監視団”が彼女の行動に不審を抱き始め…。
ファンタジー


.0★★★☆☆
タイムトラベル能力に目覚めた少女の冒険を描いたファンタジーアクション第2弾。
本作では、タイムトラベルしているうちに偶然出会った若き日の祖父と、ギデオンや<監視団>メンバーには内緒で、一族で秘密の鍵を握る謎の失踪をしたルーシーとポールに会って真実を探ろうと画策していた。しかし、<監視団>創設者サンジェルマン伯爵は、彼女の行動に不信を抱き始め、パートナーのギデオンを巻き込み、グウェンを支配しようとし始める。そんな中、グウェンは、自身の出生に関する衝撃の事実を知ってしまう…という話。
わかりにくいですが、要はVSサンジェルマン伯爵なんですよね。しかしグウェンが知ってしまった出生の秘密とは、実は自分がポールとルーシーの子供だったというもの。タイムトラベラー同士の子は特別という事で混乱するけど、それよりもギデオンを信じられなくなってしまうグウェン。ギデオンも正直に伯爵にグウェンを落とせと言われたことを告白するからさー。ただし彼は本当にグウェンを想っていることを忘れてはいけない。
一方ポールは敵対勢力側に伯爵の自伝を情報と交換しにいっていたが、戦いで傷を負ってしまう、助けたのはギデオンだった。彼にグウェンを頼むという事と、自伝を読めと言い残し、時空へと消えるポール。
コスプレが楽しい本作ですが、意外とお金かかってるよねこれ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。