いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド

【概略】
“監視団”と名乗る秘密結社に呼ばれた女子高生のグウェン。そこで彼女は、自分が16歳になるとタイムトラベル能力が目覚めるタイムトラベラーのひとりだと告げられる。 
ファンタジー


.0★★★☆☆
ドイツで大ヒットを記録したタイムトラベル&ファンタジーアクションらしいですよ。
「弟が犬になっちゃった」のマリア・エーリックちゃん大きくなったねえ、主演してます。でもこれ…普通のファンタジーというよりは、YA小説じゃね?
もちろん原作未読なもので最初からちんぷんかんぷん。最初の家族の会話が想像力豊かというかファンタジー話すぎておかしいです。
親類のシャーロットがなるはずだったタイムトラベラーに自分がなっちゃって困惑。相棒のギデオンとも衝突しっぱなし、シャーロットは訓練を受けていたが、自分はあまりにも平凡。むしろドジっ子?でもギデオンの命を救ったことから二人に絆が芽生えていく。
謎ばかりの1作目でしたが、映像もそこそこでまあまあテンポも良かったです。
最後にはプロムにも参加しちゃったりして。
ルーシーとポールがなぜ監視団を裏切ったのかの謎はまだまだ明かされず。でもこれ実は実の親がルーシーとポールなんじゃねのと勝手に思いました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。