いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

霊幻道士 こちらキョンシー退治局

【概略】
露店がひしめき合う香港。市民の生活を陰ながら支える普通の街の清掃局。しかし、それは仮の姿で、そこは街に現れるキョンシーに絡んだ事件を密かに処理し、退治する政府管理下の秘密組織・キョンシー退治局だった。
アクション


.0★★★☆☆
キョンシー!!なぜ今頃!(笑)でも嬉しい!
キョンシーアクションや法術アクションが少ないのは残念です。ラブコメ要素が中心ではあるのですが、近年リリースされたホラー映画「キョンシー」よりもちゃんとキョンシー映画のノリだし。
80年代のキョンシーブームに、私もかつて、案の定乗っかりまして、額にお札シールとか貼っていたものです(笑)あれガムついてたんだよな。可愛いテンテンちゃんが大人気でしたよねー。

そんな思い出深いキョンシーですが、本作では、一応、両手をまっすぐ前に伸ばしてピョンピョンと跳ねたり、人間に噛みついて生き血をすすったり、お札を額に貼れば動きが止まったりと、キョンシーっぽい映画にはなってるんです。
ただし、何せメインが前述したとおり、ラブコメ…女キョンシーとの純愛になってるもので。
あと、「細けぇことはいいんだよ!」的な香港のノリはこの映画にも(笑)何も考えずに見たら面白いはず。大味です。
ラストは女キョンシーそっくりの新人が入ってきて、キュンとする展開。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。