いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ヴィジョン/暗闇の来訪者

【概略】
夫と共に郊外の自然豊かな渓谷に移り住み、交通事故のPTSDを克服した妊婦・イヴリー。だが、彼女の周りで奇妙な現象が起こり始め…。
ホラー


.0★★★☆☆
アイラ・フィッシャー主演。
「妊娠で神経質になっているんだ」「赤ちゃんが何かを察知してるのよ。母親の勘よ。」
どっちもありえそうで、一体どっちなのか!?と気になる作品でもありました。
短尺ではありますが、前半の伏線がラスト近くに次々と回収されていくのは気持ちいいですね。
主人公のイヴリーが体験する現象は、霊の仕業ではなく、実は未来に自分と夫に起こる不幸をキャッチしていたというオチ。やかんの沸騰した時のような音、やめてと懇願する声、池に浮かぶ男の頭などなど…。ただ残念なのは、ヨガ教室で知り合い仲良くなる女性セイディーが、1年前の車事故の相手側だったとすぐ予想できる点でしょう。そのため、出てきて序盤で「ああ…これ妊娠はしてなくて、胎児を奪おうとしてるんだね」とはっきり思えてしまう。まあ実際そんな感じの話ではありましたが。
面白いのは、100年前の人の絵に自分たちの未来が描かれていた事。負のエネルギーがとかなんとかいっていたので、実際にあの場所は陰気が多く、そのエネルギーが負の出来事を招いたとも思える。霊の仕業とかじゃなくてね。つまり負のエネルギーが多かったがためにその負の行動や出来事をキャッチしたんだね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。