いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

お嬢さん

【概略】
1939年の朝鮮半島。豪邸から一歩も出ずに暮らす令嬢・秀子のもとへ、新しいメイドの珠子ことスッキがやってくる。スラム街で詐欺グループに育てられたスッキは、秀子の莫大な財産を狙う“伯爵”の手先だった。だがスッキは美しく孤独な秀子に惹かれ、その計画は少しずつ狂い始めていく…。
サスペンス


.0★★★☆☆
日本統治下の朝鮮半島を舞台に、令嬢、メイド、詐欺師、叔父、それぞれの思惑が入り乱れ、騙し合いが繰り広げられていく。
原作はサラ・ウォーターズ「荊の城」です。荊の城の映像化作品「荊の城(上)・荊の城(下)」ともみてますけど、こんな作品ではありませんでしたよね。かなり脚色されてますね。第一部と第二部で視点が変更・逆転するのは一緒ですが…。
監督はパク・チャヌク。倒錯エロスとスリリングな展開とギャグはこの監督らしい。けど、最後のラブシーンいるかなあ?
秀子お嬢さんの(劇中での)役割が、変態貴族の前で官能小説を朗読させて人形合体もさせるという富裕層ならではの歪んだ性的嗜好のえじきというところ、地下室での北斎春画のような行為とかもさー。変態エロチックに描かれてる全編は、確かにへたに堂々としたエロよりは、エロティックではあった。でも「ち●こ」「ま●こ」言って笑う少女とか、子役にまで(意味がわからないにしろ)日本語でエロワードを放たせまくりなのはどうなのと思わずにいられません。
しかし鑑賞者の心を掴む術はやはり心得ており、第一幕のラストではスッキの視点でかわいそうなお嬢様を描いて、第二幕で第一幕のシーンを秀子サイドから見る全く異なる視点で描き、第三幕で大どんでん返しを迎えるという…。
へたな日本語も、正直かなりきついんだけどコメディに聞こえて、そこはわざとユーモアとして残したのかもしれないな。
女を、慰みものの見世物程度としか思っていない男社会で(女性が抑圧されていた時代に)、女性たちの反逆を描いた作品とでもいえますね。百合という響きの美しさよりむしろネチネチしい「レズ映画」ですが、変態男が周囲にいる中で、女性二人が存在感を発揮しています。秀子を縛り付けていた地下室で、春画本などを破り裂き水に沈めるスッキ。そんなスッキに秀子が「私の人生を壊しにきた救世主」と思うのが印象的。
上月叔父の、日本人と結婚して日本のエロ本を読み、日本は美しいと言い切ってしまえる変態性は、もういっそ清々しくさえ感じるよ。
藤原伯爵を演じるハ・ジョンウ。「チ●ポを守れて死ねてよかった」は名言ですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。