いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ブラッディ・ツイン

【概略】
自転車便ライダーのヘレンは、大事故に巻き込まれたことをきっかけにブラックアウトや幻想などに悩まされるようになる。MRI検査の結果、頭に腫瘍があることが分かり…。
ホラー


.0★★☆☆☆
双子の片方がもう片方に吸収されるバニシングツイン・シンドロームと言う現象がネタになっています。
事故をきっかけに、吸収され消えたはずの姉妹が体の乗っ取りにかかると言うのはまさにホラーネタですよね。ただ、だからといってしていることはいわゆる「二重人格もの」と同じで、意識がないうちに別人が自分を乗っ取り放題しているというもの。
「今度は私の番よ」双子がいう。「母親が弱いからあんたの中に入って身を守ったの」
結局最後は追い詰められた主人公が、最初の母親の事件のモーテルに向かって死のうとするもそこへ親友がやってきて…。皮をベロンとめくって(本当のいみで一皮むけた状態)完全に入れ替わった主人公は親友モリーを殺そうとするも返り討ちにあい…。
てか医者にみせられた、目玉とか微妙にみえる状態のMRI画像が怖いわ。あんなのが自分の中に在ると考えると凄く気味が悪いですね。
まず最初のほうで親友のものを盗んだ事を謝りもせず返す主人公へレンの気持ちに同調出来なかった。親友もふーんって感じでどうでもよさげだったけど。
エロティックホラーというわりにはエロはほとんどなかったし、ホラーとしても物足りず。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。