いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

青鬼 ver.2

【概略】
ひろしと杏奈は不登校のクラスメート・シュンの様子を見に、彼の家へと向かった。しかし道中、奇妙な模様をした蝶に誘われ…。
ホラー


.5★☆☆☆☆
逃げるな。立ち向かえ!
あれ?キャラクターの名前一緒じゃんね。これ、バージョンアップってそういうこと?でも正直バージョンアップしてる割に、面白さ(もともと面白いかどうかは微妙ですが)半減してるわー^;
我々は、シュン君のゲームの中にいる―。
ひろしと杏奈→シュンの家へと向かったが、奇妙な模様をした蝶に誘われてひろしは屋敷<ジェイルハウス>へと入っていった。杏奈(委員長)はシュンの家へ。
卓郎、美香、たけしの3人→肝試しの動画実況をするため、屋敷<ジェイルハウス>へと入っていった。
シュン→杏奈と共に、現実世界とゲームがリンクしてしまい、動揺。
「みんな卓郎君にいじめられたくなくていい顔してるんだよ」とみんなに嫌われていた、人を信じられなかった青年が、最後に扉を開けゲームを「リセット」する…。もしやここに感動をいれたかったのかもですが、こりゃ失敗だわ。
個人的には前作のほうがよかったです。本作グロもないし、ヒロイン杏奈も役割が小さい(いなくても良い)。青鬼映像自体がバージョン・アップしたわけでもないし。なんか変な「ぬり壁」みたいなのは増えてるんですが(小さいのがカカカカと突進するところは好きだった)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。