いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

赤ちゃんの逆襲

【概略】
建築家を目指すシモンは、建築界の大物ポレルにアイデアを盗まれたと思い込み彼の会社に乗り込む。しかしけんもほろろに追い返され、会社を飛び出たところをポレルの車に轢かれて死んでしまう。それだけではなく、シモンは生まれ変わってポレルの息子になってしまっていた!
コメディ


.5★★★☆☆
「生後3ヶ月。なめんなよ。」「母乳もイケるぜ!」ジャケットからして可愛いんですが…フレンチ赤ちゃんコメディです。!
フランスものなので笑いのツボがちょっと違うのでコメディというよりブラックで苦笑しつつな感じですかね。自分の作品を盗用した男の赤ちゃんに生まれ変わってしまった男が巻き起こすささやかな逆襲、すっごく微笑ましかったですね~~。だって、さ…おねしょしてやるとか夜泣きで寝かさないとかゲップとか、どこの赤ちゃんだってしますよね(笑)この赤ちゃんの仕草1つ1つがめちゃくちゃ可愛い!いや普通の赤ちゃんの仕草なんですけど…それがまたおかしいというか。ミルク飲みたいくせになかなか飲まないとか、泣き止ませて部屋をでようとしたときに限って再び泣き出すとか、ついあるある~と思ってしまう(私独身ですけれど甥っ子を一時期預かったことがあるので!)。パパを困らせるために自殺してやると決めたあとの訓練は可愛いし行動自体はハラハラしちゃう!(メイドさん可哀想に!)
出産シーン(まさに穴から赤ちゃんでてきてるシーン)みえてるのはちょっと引いたけど、そういう汚い描写も普通にさらりとみせちゃうのはさすがフランス映画。
パパが育児に奮闘してるのがまたなんだか凄く良かったですよ~~!素晴らしいパパですよ。ラストはパパの子供への無償の愛(「ぱぱ」の一言にはどこの世界のパパも誰もかなわない!)に、逆襲の先を自分を裏切った元彼女にむけるわけですが…実はパパと元彼女がくっついちゃったりして(自慢の息子になるぜママン!)!
この作品をみてから赤ちゃんをみると、この作品でもあった何気ない可愛い仕草の中で物凄いブラックな思考を実はしているのではと笑ってしまいたくなるかも!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。