いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

悪魔の毒々おばあちゃん

【概略】
ベルギーの名家・レミントン家の豪邸で行われた誕生会で、あやしげな気体を浴びた家の主の老姉妹が恐ろしいモンスターに変身、パーティー参加者を虐殺していく。
ホラー


.0★☆☆☆☆
使用人にいたるまで不気味な形相をしているのがなんともいえない。
この邦題に心惹かれて借りてしまいました。作品自体は昔のものなんですね。ストーリーは本当に面白くない。一応コメディ・ホラーなんですが、コメディでもない…と思う。そう、つまりグダグダ!
顔がバカッとさけちゃうところなんかはちょっと笑えてしまったんですが、なんかもうおばあちゃんてば、モンスターというより宇宙人とか地底人とかみたい。なぜか皮膚が粘膜化していてどろどろです
おばあちゃんが天井のシャンデリアにしがみつき「スージーの歌」をうたっている姿が印象的でした。
作品自体がかなり意味がわからない…いや、考えたら負ける!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。