いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

アサイラム 狂気の密室病棟

【概略】
父親と兄を自殺で亡くすという悲しい過去を背負うマディソン。彼女は、そのトラウマを乗り越えるため、兄が通っていた学校の学生寮に入寮する。しかし、そこはかつて非人道的な手術が行われていた精神科病院だった。やがて患者たちの暴動で殺された博士の怨念が、寮生たちに牙を剥き始める。過食症、DV、性的虐待など、彼らは自身のトラウマになぞらえた方法で、ひとり、またひとりと殺されてゆく……。果たしてマディソンは生き延びることができるのか!?
スリラー


.0★★★☆☆
元精神病院だった寮に入った女学生を襲う恐怖。
OPが雰囲気良かったなあ。あの無機質で不気味な病院時代の映像がね(人々のうつろな目つきが特にイイ)。
ヒロインがけっこう可愛い女の子でどこかで見たことあるなーと思ったら、ディスタービアのヒロインだった子なんですね。ここに人が入るのが60年ぶりってところがミソ。悪霊となってよみがえった院長が精神に問題のある寮生を狙って襲いかかってくるんです、生前から狂っていた為「私が直してやる!」って。でも精神に問題のあるとはいっても、大なり小なりそれぞれコンプレックスや忘れたいような過去があって、でもそれは誰にでもあるよ、どんな人でもね。
彼は両目に太い針を突き刺すロボトミー手術方式で隔離施設に容れられた青少年達を虐待し殺していて、最期は蜂起した患者たちに殺されたらしい。生きているときは人殺し、死んでからはもっと手のつけられないモノに…。一緒に閉鎖された東棟へ行った寮生の仲間が、この院長Drバーグに襲われていきます。
ただ、このバーグ医師が悪霊っていうか生身のモンスター化しちゃってるっぽい感じがいまいちでした、寮外でも襲って来るんだもん。
ゲームCGなのがビックリでしたけど、マディソンが彼から奪った「治療の針」でバーグに反撃したことから、集めた魂(バーグの被害者たち)が解放され、勝利!私てっきりお兄さんが救ってくれるもんだと思ってたので(ペンダントしてたし)そういう意味ではあっさりなラストでしたね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。