いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

阿修羅城の瞳

【概略】
時は文化文政。活気溢れる江戸の町で人を喰らう鬼が存在した。そんな鬼を滅ぼすために組織された「鬼御門」。その副長を務めた“鬼殺し”の異名を持つ男と、恋をすると鬼になる女との哀しい恋。
ロマンス


.5★★★☆☆
舞台劇の映画化。舞台のほうをみたことがないので比べようがありませんが、これ、思っていたより面白かったですねえ。ヒロインである宮沢りえさんが可愛かった。突っ込みどころはたくさんあるんだけど、脚本と設定がなかなかよいので許せちゃうかも。
…ただ渡部さんと主演の市川染五郎さんの演技が…濃いというか…なんていうかソロで気張りすぎて逆に浮いてる感じですかね?いや、むしろあれでいいのかな…?^;

舞台のほうもみてみたい作品。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。