いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

アップサイドダウン 重力の恋人

【概略】
二重引力が存在する双子惑星の“下の世界”に住む少年・アダムは、“上の世界”の少女・エデンと出会い恋に落ちる。だが、両世界間の交流は法で厳しく禁じられており…。
ロマンス


.5★★★☆☆
二重引力のある世界、というのがこの作品の肝なんですね。↓と↑。映像としては面白いですが…世界観の設定に矛盾があるように思え、ストーリー自体もいたって無難なラブストーリーでした。
ジム・スタージェス、キルスティン・ダンスト共演。
二重引力的映像は面白く「地球」ではないので何があっても不思議ではないところがある。それにしても首が疲れる職場だろうな^;トランスワールド社。
記憶喪失になっているエデンにそれを知らないで会いにいこうとするアダムという図なんですが、それは物凄く危険な事で。反物質同士が触れ合うと燃えるので、燃え覚悟でエデンに会いに行くも、記憶喪失と知る。しかし、その記憶喪失の部分は結構呆気なく障害が取り除かれるので、これは映像を楽しむ作品なんでしょうね~。
ピンクの蜂成分の調合で、重力が平衡になるのとかで後半で意外にもあっけらかんとしたハッピーエンドが待っています。「妊娠したみたい」とかアレッそんな展開いつあったっけー!?と観ている私がポカーンですわ。壮大な世界観にちょっとストーリーが負けてるかなあ。協力者でもあるボブがいい人でしたね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。