いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

アティック The Attic

【概略】
エマ・カランは、双子の姉と思われる亡霊に取り憑かれていた。家族はなす術もなく、エマのパラノイアは悪化するばかり。そんなある日、ジョン・トレバーという刑事がやって来て…。
ホラー


.0★☆☆☆☆
精神不安定のヒロイン・エマが引っ越した先の家でひきこもりになり、不可解な現象に遭遇するようになるというオカルトミステリーです。
自分にそっくりな女性、怪しげな異教の印など、ホラー要素が満載ですが、実はミステリーだったというオチ。
階段からおちたときに自分とそっくりの少女をみて、それが何者なのかと考えていると、出生証明書で自分の一卵性双生児の妹だということがわかります。次第に病んで行く彼女には、唯一の味方は知的障害者の兄フランキーで、パラノイア気味に陥った彼女のいうことを信じてくれるのは刑事のトレヴァーだけ。そして次第に明かされていくエマの出生の秘密とは…。
このヒロインって外出恐怖症だけじゃなくて不安障害なのかなぁ…なんだかそんな風にみえる。それとも単なるひきこもり?兄からもらったカメラで「彼女」の姿を撮ったりするエマだけど、そんな中目の前で兄フランクが妹ベスに殺されてしまうんだよね。両親もなにか隠しているように見えるし、誰も信用できなくなる。
いまいちかなと思って借りましたがやはりいまいちでした。真相は簡単でそのままなので、わかる人はすぐわかるんじゃないかな。
ラストの刑事達のやりとり「家が人を殺す」つまりはそういう事なんでしょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。