いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

アメリカン・スナイパー

【概略】
戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。
ドラマ


.0★★★☆☆
米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。
国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。
描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生。2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征。その常人離れした狙撃の精度は1.9km向こうの標的を確実に射抜くほどだったという。公式記録としては米軍史上最多の160人を射殺。味方からは「伝説の狙撃手」と英雄視される一方、イラクの反政府武装勢力からは「ラマディの悪魔」と怖れられ、その首には2万ドルの懸賞金がかけられた。しかしカイルの素顔は、命がけの壮絶な局面でも仲間を一心に守りたい、そして良き夫、良き父でありたいと願うひとりの男。戦争の狂気に取り憑かれつつ、故国で待つ家族をこよなく愛する主人公の光と影を生々しく掘り下げる。
主人公の心の戦争の傷跡が、日常へと戻れなくなっていく様は良く描かれていたと思います。生々しい、感触があるのでしょう。所詮戦争放棄の平和ボケ日本からは、考えられない世界。スナイパーの気持ちや愛国心を理解できるはずもない。そういう意味では、面白くない映画ではある。
心も帰ってきて欲しい。そう願う妻の願いも虚しく、戦争は心を麻痺し、中毒にさせる。国にも家族にも純粋な愛情を抱く彼は、自身が蝕まれていたことには気づけないのだ。
純粋な愛国心から従軍し、才能を開花させ「レジェンド」と勝手に呼ばれる。気づくと米国一の狙撃手になっていた。相手にも優秀なスナイパーがいて、このスナイプ合戦は緊張感あふれるものだった。
敵スナイパーを排除したあと、「やってくれたな、レジェンド!」賞賛と敵に位置がばれるという同時の感情。案の定敵に位置がばれ、襲撃を受けてしまう。自分たちの位置に爆撃要請するも砂嵐で失敗し、なんとか逃げ切る。「俺は家に帰る!」と決断した直後だった。
家に帰り退役軍人たちと過ごす中で、自分を取り戻すも、彼は、ある日力になろうとした元兵士に殺されるのである。
実話に基づいた物語なので、エンタメ的な要素は一切ないです。まるでFPSゲームのような戦場に放り出されて、勝利していくかのような内容で、私には合わなかった、というか、あまり心に残るような映画でもなかった。
ただ、主演のブラッドリー・クーパーは体重を増やして臨んだ役柄ということで、熱演していたと思う。それは伝わってきた。エンディングロールが、まるで黙祷を捧げているように無音なのが、印象に残った。
アメリカ万歳にも、戦争の虚しさにも、従軍兵士の心の傷を描いたようにも、どのようにでもみえるが、私はそれよりも、ただ単純にこのスナイパー・クリスの生き様に監督が黙祷を捧げたかったかのように思えてならなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。