いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

あやつり人形

【概略】
ある日、幻覚に苦しめられているヒョンジンは、精神科医であるジフンの元を訪れる。治療のため強力な催眠術をかけるジフンは、ヒョンジンの中の“ある正体”と向き合い、彼女の驚くべき過去を知ることに。催眠治療を通して徐々に暗い過去から抜け出すヒョンジン、その反面ジフンは彼女の若くて美しい魅力に深く嵌っていき、“毎週日曜日の午後3時、自分を訪ねる”という催眠をかけられ…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
なんじゃーホラーじゃなくてエロサスじゃん。
ジャケ画像がどう見てもホラーなのに…。変態催眠術医師に見初めれらた患者のリベンジ部分はホラータッチだったけど。
性奴隷化して、邪魔になったら捨てる、催眠術を私的に使用するという結果ですね。で、その頃には初々しくて処女の自分を好いてくれてる女子大生がいたわけで。「いい加減帰れよ」じゃなくて、催眠術を解くとか、しないと。
操り人形で自分の苦悩をあらわしているのが不気味だった。
同僚のジュンギ医師いい人だったのに…。結局、邪険にされたものには邪悪な魂が…の台詞どおり、悪霊と言うか邪悪な魂が彼女の中に眠っていたと言う事なのかな?前彼も彼女が殺したのでしょう、離れていったから。
脳内のセロトニンが不足してると、精神的な病になっちゃうんだよ~私も足りてないの。だから日中の散歩とかが効果あるんだよね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。