いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ウィンター・ソング

【概略】
昔の上海を再現したスタジオでミュージカル映画の撮影がスターとした。ヒロインはスン・ナー。監督とは仕事を越えた関係が続いていた。そんな孫納の相手役として香港から呼ばれた人気俳優、リン・ジェントンは、かつて孫納と恋人同士だった…。
ロマンス


.0★★★☆☆
もう少しドラマティック恋愛だと思っていたので、意外とそうでも…なかった?
かつて恋愛関係にあった男女の役者がミュージカルロマンス映画で共演を果たし…。中国語のミュージカルは劇団四季の中国版キャストのCDくらいしか聞いたことがなくてなかなか新鮮でした。
愛を信じたため裏切られそれでも愛し続ける主人公に金城武、愛も過去もを捨て女優としての地位をのぼるヒロインに「中国の小さなお針子」のジョウ・シュンさん(可愛い)。金城さん演じる林見東の10年の想いは、この新作の映画の設定の通りで実に皮肉。
監督なのにこんな歌が上手くていいのかわかりませんが、ミュージカルでの団長のシーンは迫力があって好きですね~。いわゆる、オペラ座の怪人だとファントム的な感じ。主役キャラではない役のはずが、アレアレ主役っぽいぢゃないか、と思っていたら、やはりミュージカル部分での金城の影うすっ。結局コレ団長とヒロインの物語でしたよね。
金城さんは格好良いんです。でも、ちょっとストーカーっぽいのは確かなのよね(笑)惹かれあう2人だし現実味ないからいいけれど、これ昔の男からこんなのされたら、ちょっと怖い…かもしれない。とはいえ、自分を裏切った女性を自分が成功したあとも10年もひたすら想い続けるってさ、たしかにとても切ないけど、今作はしかも昇華されなかったため、ほとんど執念のようにも感じてしまうよ(金城だから許されますが笑)。これ中国の乙女たちがときめいたりする場面なんでしょうか?^;
過去の愛は、やはり過去の愛、思い出の中でだけの愛ということなのかなー?てっきりハッピーエンドになるラブストーリーだと思っていたので(僕は行くよ→今度は彼女が追ってくみたいな?)、ラストにはビックリでした。結ばれるわけではなく、3人それぞれ良い意味で解放された…そういうことでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。