いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

エージェント・マロリー

【概略】
並外れた戦闘能力と知性を兼ね備えた女性スパイのマロリーは、民間軍事企業の経営者で、元恋人ケネスからバルセロナにおける人質救出作戦の依頼を受ける。バルセロナでの作戦を手を組んだパートナーと共に依頼を遂行し、その評判を耳にしたMI6の依頼で、今度は新パートナーのポールと組み謎の男を追跡するという仕事が舞い込んでくる。しかし、ダブリンへ旅立ったマロリーを非情な罠が待ち受けていた…。
アクション


.0★★★☆☆
主演はジーナ・カラーノさん。知らないなあ…新人かと思ったら、アメリカ女子総合格闘技界のスターなんだそうな。他にユアン・マクレガーさん、チャニング・テイタムさん、マイケル・ファスベンダーさん、アントニオ・バンデラスさん、マイケル・ダグラスさんなど出演者が豪華。
個人的にはテイタムさんとファスベンダーさんという好みの役者さんが出てるのが良しっ。
…が、作品内容はというと、エージェント感がいまいち。俳優陣も上手く使われていないし、マロリーのアクションが見せ場なのでしょうが、重く鋭い蹴りや拳はいいものの、飛びぬけて魅せるというものではなかったとも思う(生音は良かったよ)。組織の罠にハメられたマロリーが、それに立ち向かう様を描くというシンプルなもの。
大作アクション系ではなく小粒な作品という印象ですが、それにしてもヒロインのリアルファイトを見るためのPVのような作品になってしまっているのが気になる。ちょっと期待はずれの作品でした。
ただ上品な装いをしているところはなかなか女性らしくて良かったと思いますね。でもテイタムさんやファスベンダーさんになにしてくれてるん!と思っちゃったとこも(笑)
舞台も色々と変わる割には、単調である上に全体的に盛り上がりに欠けました。
ラストのぶつ切り感はよかったと思いますね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。