いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

エルム街の悪夢2 フレディの復讐

【概略】
焼け爛れた顔をして、人の見る夢を自由に操れる殺人鬼フレディ。その悪夢の中に住む殺人鬼フレディが、若者たちを襲う「エルム街の悪夢」シリーズ第2弾のホラー作品。
ホラー


.0★★☆☆☆
かつてナンシーが暮らしていた家に引っ越してきた本作の主人公ジェシーの家族。その家に巣くっていたフレディの怨霊がジェシーに憑依し、ついには肉体をも支配してしまい実体となって現実世界で大暴れ…という内容です。
フレディは「悪夢」をあやつらないと、面白くありません。当初はこの2作目で幕を引きたかったのでしょうか?
別にフレディが登場しなくても成り立ちそうなストーリーは賛否両論ありますが、全体としてはまとまっています。確かにストーリーはダメなんだけども、フレディが己の「恐怖心の幻影」であり、恐怖心を克服すればフレディは何も出来ない事をちゃんと描いてるある意味最後の作品でそこは評価出来ます。
ただ、やっぱり「エルム街の悪夢」の怖さって、誰にも助けてもらえない回避出来ない「眠りの世界」で襲われるのがミソだと思ってしまい…そう考えると本作は、現実世界で暴れる描写ばかりで、「悪夢」の恐怖が描かれていないので、シリーズとしてはやっぱりペケとしかいいようがありません。別ホラー作品ならよかったのにねえ。現実世界でも暴れたかったのはわかるけれども行動が制限されちゃって、普通に夢の中で暴れてればよかったんじゃない?
あとオチが酷い。
なんか印象に残ったのはコーチがお尻ぺんぺんされてるところだったりして^;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。