いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド

【概略】
フレディを倒し、平穏な日々を過ごしていた“ドリーム・マスター”アリス。だが、彼女を再び悪夢が苛むようになる。精神病院の地下重症者病棟に置き去りにされ、患者達に襲われるシスター姿のアリス。それはフレディ誕生のきっかけとなった忌まわしき過去の再現であった。そして、アリスは、シスターから生まれた醜い胎児が急成長しフレディとして復活するのを目の当たりにする。
ホラー


.0★★☆☆☆
前作ドリームマスターのアリスが本作でも主人公を務め、案の定生きていたフレディと対決をする。どうやらアリスは彼氏の子供を妊娠、本作のフレディはその胎児の夢を利用してアリスやその周辺の無関係な人々に悪質な嫌がらせをしていくという展開です。
もはやホラーではなく、コメディの世界。もう…いいだろ、と思わざるを得ませんが、現実はあと2作あるのですよね。
SFXを駆使した悪趣味な殺戮は3人どまりというのも、いまひとつと感じるところなのかもしれませんが、その3人はそれぞれインパクトある死にっぷり。スピード狂の彼氏はバイクの配線が全身にズブズブと突き刺さってバイクと一体化、臓物を頬がパンパンになるまで食わされて窒息死する女友達、漫画オタク青年の「夢の中では自分の憧れの姿に変身出来る」というシリーズのお約束を踏まえてのそれを上回るスーパー・フレディによる惨殺。
シリーズの根本である「夢なのか現実なのか分からない恐怖」は完全に消え失せてしまい、犠牲者の多くは誰がどう見ても覚醒してる状態なのにも関わらず、何故かフレディの餌食になってしまっているのがどうにも納得が出来ない。
全体的に早足で、一体何をそんなに急いでいるのか…という感じにも。アマンダの遺体をみつけるのも早すぎだし。最初に壁をつついた先にあるってどういうことだよ。EDの変なラップがまたダメさ加減を加速してる気がします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。