いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

女帝 - エンペラー -

【概略】
皇帝と大臣が権力を奪い合い、皇室では父と子、兄と弟が殺しあう時代、これはそんな時代の物語である…。ワンは、先の皇帝の息子で継子にあたる皇子ウー・ルァンとかつて恋仲であった。ウー・ルァンは古代舞踊を愛する青年で、かつて愛した女が自分の母となってしまったことをきっかけに宮殿とは離れた邸宅にて芸術とともに暮らしていたが、父である皇帝が暗殺されたという密書を受けとり、宮殿に戻ることを決意する。
アクション


.0★★★★☆
おもしろかったなー!!絢爛豪華かつチャンツイィーの妖艶な演技に魅了されちゃいました(ただ全体的には絢爛豪華ではなく質素なイメージの方が大きいです)。チンニー役の女優さんがすごくかわいらしい…と思ったら「小さな中国のお針子」の子か~~~!

若干ストーリーが、んん???というところもありますが、まあ上手くまとまっていたのではないでしょうか。バラ風呂とかはもう単純に憧れてしまいますね。中国ということで、ワイヤーアクションはまあ、うん…ね? 前半部はちょっとイメージしていた宮廷内部でのどろどろの争いと違っていたのであれでしたが、夜宴付近の展開はとてもよかったなあ。いわゆる「歌舞」のあの面の異様さも相まって不思議な空間でした。
ツイィー演じるワンの冷徹なまでの気丈さ、強さに感嘆です。もっとこうメロドラマな感じになると思っていました(愛がどうのこうのが強い感じ)。
ラストの刺客をあえて出さない演出も良。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。