いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

マンイーター

【概略】
オーストラリアの世界遺産・カカドゥ国立公園で観光客を乗せたリバークルーズ船が沈没。乗客たちは何とか小島にたどり着くが…。
パニック


.0★★★☆☆
ラダ・ミッチェル、サム・ワーシントン、ミア・ワシコウスカ…俳優陣が豪華なので気になってました、パニックもの。少し前の作品なのでこの顔ぶれが集まったという感じ。
巨大ワニです。観光船が沈没し、乗客たちが容赦なく襲われていくと言う単純で王道な話なのですが、悪くなかったです。見せない演出と見せ方の妙というのか、「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」の監督さんなのですが、パニ映画のためハードルを下げてみていたためか、なかなかの出来と感じました。短尺なのもいいですね。
川に浮かぶ泥島にたどり着いた彼らを、今度は満ち潮が襲い、そして一人また一人と喰われていく。
最初は景観TVみたいな趣のある作風なのですが、クロコダイルの習性も説明されます。自分より大きなものは狙わない、習慣性のあるモノを狙う、体長や重さなど。
帰路途中で遭難信号らしきものが見えたため、河の上流へと向かったスザンヌ号を襲ったのは、巨大な何か。乗員は泥島に取り残される事になる。遠景風景がまた絶望感を漂わせます。
それにしても巨大ワニが本当にでかい!回ったりと存在感抜群でした。後半の1VS1の戦いはけっこうハラハラしました。ただアレだけ巨大なワニが、一撃だけで死んでしまうのか?という疑問は残りますが、実際には巨体とはいえ一介の動物ということなんでしょうね。
それにしても、エンドロールの暢気な曲は一体^;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。