いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生

【概略】
学園一の美少女、マンディ・レインは、友人のクロエとレッドに誘われ牧場のパーティーに参加。学園の男たちは彼女に近付こうと必死になるが、ひとり、またひとりと姿を消していき…。
ホラー


.0★★☆☆☆
男性向けDVD紹介のような副題がついてますが…
モテ美少女マンディに近づきたい男子たち(下心丸見え)を、湖畔パーティで誰かが次々と殺していくのであった(女の子もだけど)。果たして犯人はだ~れだッ…ってかバレバレ!
マンディ役の子は可愛いんだけど、遊んでる子ではなく大人しくてマジメなタイプ。いつも幼馴染のイケてない男の子エメットと一緒にいるんですね
パーティといっても男3女3なんだけど、男の子達はいかにもモテ系ってタイプではないのが新鮮っちゅーか。
鬱屈したガイキチ・エメットが襲ってくるんだけど、恐怖感もまったくなかったなー。結果がみえてるのもあるけれど、緊迫感も薄かったですよね、殺し方の見せ場もいまいちだったし。
軽薄な友達は殺していい人の管理人ガスは助けて、あれは結局自分ひとりが完全に逃げるため(目撃者が必要)だったのか、それともあの場の人間の中で一番好意をもてる人だったからか。
結局マンディのしたいことがわからないなー。一番普通でまともな美少女が全ての計画の犯人であったという所がサイコだという事かな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。