いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

【概略】
教会のくじ引きで、カンヌでの1週間のヴァケーションとビデオカメラが当たったビーン。 ウキウキのビーンは、早速カメラ片手に列車でパリに向かった。 リヨン駅からカンヌ行きの列車に乗るところを通りすがりの男性に頼みカメラで撮影してもらうビーン。 しかし、ビーンがあれこれ注文をつけているせいで列車が走り出し、男性はホームに置き去りにされてしまった。 列車には父親とはぐれ、心細そうにしている10歳の男の子がいた…。
コメディ


.0★★☆☆☆
ご存知ローワン・アトキンソン。私はビーンは短編の毒のあるコメディの方がすきですね。
カンヌ旅行に当選したため、ドキワクで向かうんだけど、そもそも言葉が通じないから得意の挙動不審さが合っていると思います。
イメージってやつなのかな、「お洒落な南フランス」に憧れをもってるような気持ち。確かになんだかバカンス気分で盛り上がるよね。
地中海の海老を平らげたり、牡蠣を隣の女性のカバンに捨てたり、ビーンのせいで子供と父親が離れ離れになったり(周囲の乗客にめちゃくちゃ白い目でみられてましたね笑)大道芸で絶賛されたり、映画に出演したり。この父親と離れ離れになった少年とは関わっていく過程でストーリーは広がっていきます。
色々な人々との出会い的なハートフル展開はありますが、ただ、そんなに笑えはしない…かなあ。フランス旅行珍道中って事で毎日10分その様子をみれる、とかだったら面白いのかも?
上映映画が面白くなさそうでそこは笑えた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。