いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

Mirror 鏡の中

【概略】
不審火による火災から1年、再開店を目前にしたデパートで奇怪な連続変死事件が発生。元刑事であるデパートの警備責任者・ヨンミンは、自ら事件の真相を突き止めようとするが…。
ホラー


.0★★★☆☆
キーファー主演「ミラーズ」のもとになった韓国ホラー作品です。比べてみたくて借りてみました。
設定はやはりそこそこ変わっているんですね。火事から1年後、ユ・ジテ演じる元刑事であるという部分は同じの主人公は警備責任者設定。冒頭の鏡の自分が首元をざっくり切るのは同じだけど(ジャケットの女性です)、グロ演出はかなり抑え目で「あれっ切れたよ」程度。
なるほど、これは韓国版の方がわかりやすい。鏡に霊が…というほうが非常にシンプルですよね。鏡を駆使した物語展開はやはり面白いと思う。ただ小さくまとまっている感じがあるので、ハリウッドリメイク版のほうが派手だし大作感がありますね。そう考えれば、鏡、デパート、主人公の苦しみ以外は全く別の作品といえるかも。
主役のパッとしない感じが逆に良かったですね、元同僚の精力的なハとは正反対。自分のせいで相棒が死んだという過去をもち、そこから這い上がれず苦しんでいる人間です。
鏡を使う精神分析の部分は、いいえてもいて納得できるもの。きちんと事件の決着がつき、自らの過去とも決別という非常にわかりやすい作品でした。悪魔はでてきません、殺された女性の復讐でしたが、復讐とはいってもオドロオドロしく恐ろしいものではなく、後半妹と同じ姿で姉が鏡の中から出てきたシーンでは、どこか物悲しく美しかったです。アジャ監督のリメイク作品のようなひとめでわかるようなメインシーンは少なく、鏡どころか映ったものが敵意をもつ的な表現も少ないけれど、作品としてはこちらのほうがまとまりもあって私は好きかも。
ラストは同じく鏡の中でしたね。ただ、こちらでは精神分析と同じでしたが。自分は死んでいるが鏡の中の自分が生きている、という…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。