いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ムカデ人間3

【概略】
アメリカ某所にある巨大監獄、ジョージ・ブッシュ刑務所。暴動の多さやコストの高さを解消するため、所長は『ムカデ人間』を真似て500人の囚人をひとつに繋げようとするが…。
ホラー


.0★★☆☆☆
ぜ ・ ん ・ ぶ ・ つ ・ な ・ げ ・ ま ・ し ・ た 。
史上最悪の刑務所、囚人500人!全員つなげてしまえ!
人間の口と肛門をつなげる。その異常なアイデアで世界を絶句させ、各国で爆発的大ヒットと上映禁止騒動を繰り返してきたシリーズ「ムカデ人間」(09)と「ムカデ人間2」(11)。1作目でハイター博士を演じたディーター・ラーザー、2作目でマーティンを演じたローレンス・R・ハーヴェイが奇跡の豪華初競演ってことで期待したのですが、私1,2作目とも結構面白くみたんですが、これはダメ。果てしなく「つまらない」の一言。
爬虫類みたいな顔芸、コメディか?これコメディなのか?とにかく不満なのは肝心の500人ムカデ人間のシーンが非常に短いってことなんですが、前置きが長すぎます。期待が大きかった分、ガッカリ感が凄い。
1を観てこの監督は頭おかしい(笑)と笑い、2を観てゲログロ映画誕生を喜び、3ではどんなムカデ人間をみせてくれるのかと期待してたら、ゴミ映画だったというね。ひたすら所長の頭おかしいところを延々と見せられるだけ。

500人つなげた感じはといえば、逆に数が大きすぎて組み体操みたいなね…なんかね、(おかしいなダルマ状態の囚人=いもむし人間もいるはずなのに)迫力が失せています。説明も雑ですしね。
や…やったーーー!!感も全くない、ただのナンセンス映画に落ちてしまいました。