いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

MAY メイ

【概略】
恋人にのめり込み、常軌を逸し始めたメイの姿に、周囲の人間は彼女を避けるようになる。彼女は完璧な友達を造るために、お気に入りの“パーツ”を集め始め…。
ホラー


.0★★★☆☆
アンジェラ・ベティスさん主演。執着気質の人は気をつけましょうってことだね、私も猪突猛進・執着気質だから気をつけなきゃ…。
センチメンタルムービーの名のごとく、あまりにも繊細で壊れそうなメイが痛々しくみえる。でも彼女は彼女なりに前に進もうと頑張っているんだよね。友達や愛が欲しいと思っているのにそれがなかなかうまくいかないというところは共感してしまいますね。彼女の友達は子供の頃母からもらった人形スージーだけ。
けれど、恋愛も友情も家族愛でさえそうですが、それは一方的に相手に求めることであり、依存する事でもある。なんでもそうだけど、相手のある関係って一番難しい。他人とうまく関係を作れないのは私も同じで、その部分は共感できました。
極端に「だったら友達を作ればいいじゃない」と本当に「造って」しまうメイは確かにおかしいけれど、全てを否定はできない。死霊のしたたりでしたっけ?パーツをつなげるの。いい部分だけをつなぎあわせて造ってしまう。もし本当に友達を造ったとして、完全なパーツを集めても、本当に相手から欲しいのは心の部分なんじゃないかな。心だけは造れない、想像の産物にしかならないよね。
ラストはちょっと衝撃。あれは想像の産物なのか、実際に友達が出来てしまったのか。