いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

メトロ42

【概略】
ラッシュアワーのメトロ42号車輌。モスクワ川の底が崩落し、大量の水が地下鉄に押し寄せる。アンドレイとその幼い娘、そして偶然にもアンドレイの妻の浮気相手も同じ電車に乗り合わせていて…。
パニック


.0★★★☆☆
ロシアが総力をあげて制作した、パニック・アクション大作です。
モスクワ川の底が崩落し、大量の濁流により地下鉄が脱線、死者の山と阿鼻叫喚の地獄絵図へと…そんな中、医師のアンドレイは、偶然乗り合わせて生き残った妻の浮気相手であるヴラトと、娘のクシューシャを守るためこの危機を脱しようと力を合わせる事にするが…。一方政府は、このままではモスクワの半分が陥没してしまうと、秘密裏にトンネル密閉の決断をする。トンネル封鎖までに生き残った乗客達は地上へと脱出することが出来るのか…!?

地下鉄の脱線事故の様子はもの凄い迫力でしたし、脱線した車両が浸水したトンネル内を流れるのが障害物となって人を押しつぶそうとするのはなかなか恐ろしく描かれていたのではないでしょうか。
ただ、ちょっと冗長です。2時間以上はさすがに飽きてしまいます。脱出劇に入ってからは特にそう。容赦無しのパニック描写の連続なのに、とっても惜しい作品になってました。

そのパニック描写ですが、なかなかスリルがあります。まずは冒頭の急停止で圧がかかって、窓をブチ破って人が飛び出し、ぶつかったり刺さったりして将棋倒しになる車内!そして、どんぶらこっこと流れる車両によって起こる大きな波のうねりや水が流れる足元の高圧電流!増える水かさと逃げ場のない状況!
実はほとんどの生き残りは、主人公たちが脱出する機会を得る前に自力で脱出するのです。タイミングを逃して列車内に取り残された人たち、これが主人公になります。
不倫妻は「ウルヴァリン:SAMURAI」の蛇姐さん役でしたね。
しかし、あまりにも古すぎる管制室とか、病気の少女が吸引器を落とすのにイライラさせられるとか、映像はなかなかですが音楽がいまいちとか、もひとつ感というか残念な部分はたくさんありつつも、ちょっとレトロな内容にどこか安心感もありました(笑)
人間ドラマでは、病気の少女とナンパ青年の危機を乗り越える事で惹かれあうところとか、ちょっと清涼剤になっていましたね。医師と不倫相手はといえば、結局お互いの心をぶちまけて、ある意味すっきりしたのではないでしょうか。妻も、家族を選ぶ結果になって、その手を拒否するアンドレイだったけれど、結局救急車に乗る事で「家族」を選んだんだと思うし。あとワンちゃんが生き残って良かったですね!