いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

メラニーは行く!

【概略】
カリスマデザイナーのメラニーは、NY市長の息子にプロポーズされるが、即答できずにいた。なぜなら彼女には別居中の夫がいたのだ。メラニーは早速、離婚してもらうために故郷のアラバマに向かう。
ロマンス


.0★★☆☆☆
OPの幼い2人はかわゆい。ダコタ・ファニングちゃんがヒロインの子供時代を演じてましたね(こんなとこに出てたのか)!ヒロインはリース・ウィザースプーン、婚約者はパトリック・デンプシーさんが演じてたのね。
ティファニーを貸しきってのプロポーズってのがロマンチックかどうかは別として(私だったら最悪かと…)ヒロインには別居中の夫がいて、婚約者と結婚するために離婚しようと実家へいくわけです。で、まあ紆余曲折のすえ元鞘に収まるわけなんですが、妻を取り戻そうと男をあげようとする旦那なんてとっても素敵だよね。ジェイクは優しいしいい男です。
田舎ののどかな人々の感じがよかったですねー。都会から帰ってきたらこういう感じなのかもね。メラニーの昔の悪戯話なんかはユニークで面白いです。
小さい頃からの幼馴染で大事な夫で優しくて自分を7年もずっと愛してくれた男と、いま現在自分をとっても愛してくれてる優しい婚約者。どちらを選んでも幸せで不幸ですよね。
「あなたのためにも結婚できない」真実の愛を知るアンドリューはこれで見当がついて諦めるんですけど、ここで納得しちゃう彼はいい人すぎるかもね。
どうして結婚したいかの理由が幼い2人と重なって、とっても素敵でしたね!
ボクシングパンチャーがケーキに乗せられてるのは上手いと思いましたよ。