いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

モテキ

【概略】
ニュースサイトのライターとして働き始めた藤本幸世。新しい出会いもなく、ロンリーな日々を送っていた彼に再びモテキが訪れる。
ドラマ


.5★★★☆☆
人生にモテキは二度あるんだっけ?三度だっけ?今までもてた事がないので老年期に一気にくるのかしら…それもなんかイヤンな感じ!
原作漫画もドラマもみてない。主人公の森山未來さんを彩るのは、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子さんという豪華な面々。羨ましいぞこんちくしょ、と思った方もたくさんいるのでは(笑)
「…冷静になれっ!…期待しちゃダメだぁ…」とは言いつつも。
趣味が合い見た目もタイプなのだが彼氏持ちの雑誌編集者・みゆき。
みゆきの親友で清楚な美形OL・るみ子。
ガールズ・バーのハデかわ嬢・愛。
クールビューティな先輩社員・素子。
うん、抜群に長澤まさみちゃんが可愛いです。しかしこのストーリーに4人はちょっと多かったのでは。この4人からもてるのかと思えばそうじゃなくて中途半端。結局絡んでくるのは前2人くらいですし、素子なんて全く恋愛要素なし。ナニコレナニコレ!?的な主人公のラブパニックぶりがみられないのが残念でした。
洋画だと結構普通にみれちゃうのですが、邦画でこの手のラブコメってなんだかいやらしく感じちゃうんだけど、派手なノリノリダンスなどでそれも薄まってたかな。仲里依紗さんがいってた女性には期限があるというのは凄く納得がいくことで、いつまでも性的に壮健な男性が羨ましくなる。
まー男女間は難しいものだけどさ、ただ後半は結構重たい話になってしまうので、最後までノリがいいままいって欲しかったです。ラストはちょっと私にはわかんなかった。上手くいったのか、いかなかったのか?「ふふふっ」て笑いあいキスしあいを目の前にした彼氏の気持ちも。