いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

百瀬、こっちを向いて。

【概略】
冴えない高校生活を送るノボルは、幼馴染みの先輩・瞬から頼まれ、隣のクラスの百瀬とつき合っているフリをすることになるが…。
青春


.0★★★☆☆
ヒロインである(元「ももいろクローバー」所属)早見あかりさんがとても魅力的に映っていました。
青春の残酷さや恋の一途さ、甘酸っぱい切なさがキュンと胸に迫ってくるような作品でした。
小説家のノボルは、卒業以来訪れなかった故郷の変わらない街並みに触れ、高校時代の「切ない嘘」を思い出していた…。物語はこの高校時代がメイン。
冴えない高校生活を送っていたノボル。そんなある日、幼馴染の先輩・瞬に呼び出され、そこで百瀬という女子を紹介される。「これは3人だけの秘密だ。」瞬には百瀬の他に本命の恋人がいるのだが、最近一部で瞬と百瀬が付き合っているという噂が流れていた。そこで、百瀬の提案でノボルと百瀬が付き合っている「フリ」をし、その噂を消そうと考えたのだった。恋をした事の無いノボルと、好きな人と一緒にいる為なら傷つく事をいとわない百瀬。この「嘘恋」の行方は…。二股男が、自分の二股をばれないように画策といった話で、ちょっとそこらへんはイラッとします。二股、最低。
でも瑞々しすぎて眩しすぎて、私には直視できないっと思った作品でもあります。こんな甘酸っぱい青春を味わってこなかったから共感も出来ない。
嘘から始まった恋人ごっこ、でもノボルは次第にタイトルどおり、百瀬に好意をもってしまうんです。主人公ノボルの普通な真面目さが良かった。
「好きな人と思いが通じ合ったって、一瞬じゃ意味ないよ」傷つく事がわかっているのに、好きな人を好きになる事は止められない。
友人の田辺くんが良かったなー。レベル2でも凄くいいやつなんですよ。「相原君なら倒せるよ、ラスボス。レベルっていうのは戦ったぶんだけあがるもんだから」純粋で真っ直ぐってこういうやつのことをいうんだろうね。
あと、女は生まれたときから女っていうからね。おっとり上品にみえても、腹ン中じゃわかんないよ。
ノボルの最後の頼みの「百瀬、こっちを向いて」のシーン、ここはダイレクトにみせるよりも二重の意味合いで観せ手の感情に任す演出だったのが良かった。