いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

モール☆コップ

【概略】
警官になることを夢見つつ、ショッピングモールの警備員を務めているダメ男・ポールは、ある日モール内の立てこもり事件に遭遇。犯人たちを捕まえるべく、ポールは密かに潜入を続けるが…。
コメディ


.0★★★☆☆
警察官に憧れて警備員になったメタボ男が、勤めるモールで大奮闘!
メタボで低血糖症、汗染み全開の彼がセグウェイに乗りながら美人店員に恋する姿も可愛かったですが、占拠されたモールを救えるのはたまたま強盗に襲われたことを知らなかった彼だけ、なんですね。
警備なんて適当でいんじゃねな同僚達の中で唯一はりきって頑張っているポール。自分で勝手に誓った「モールの平和は自分が守る」ってのを実行していくんですね。
それにしたって犯人たちの身体能力にはちょっとビビリますが^; その重すぎる体重を使ったり、セグウェイアクションをみせたり、次第にモールの中にあるモノを「頭を」使って調達・加工して使っていくんですね。
日焼けサロンで倒した相手にちゃんと眼鏡をつけてあげる優しさが心憎い。怪我をした腕に貼り付けるのは勿論キティちゃんの絆創膏!(娘がいるからね)そして格好良く決めたところで低血糖症!
いけてない主人公がいざというときにビシッと決める、そんな作品でした。いつも思うことだけどこの手の主人公って、そんな一分一秒を争う事態でよく「何気ないものを調達加工して武器をつくる」とか、思いつくよな~~と…。まあそれが出来るからこそ「いざというときには格好良い」んでしょうけれどもね。
意外と「立ち向かう」感じのBGM曲の出来が良かったよねー。