いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

モール・コップ ラスベガスも俺が守る!

【概略】
警備員のポールが6年前の事件で救い、再婚した妻までもが彼の下を去ってしまい、またもシングルファーザーに。ある日、ひとり娘のマヤとラスベガスへ行くことになるが…。
コメディ


.0★★★☆☆
ようやく再婚するも、またもシングルファーザーとなってしまった「モール☆コップ」の続編。
メタボで低血糖症、汗染み全開のポールが今度はラスベガスで奮闘。娘も大きくなり。
ふとっちょだけれど、正義感が人一倍強く、優しく、いいパパで、なんでこれで女性に縁がないのかなって不思議に思える「いい人」のポール。娘さんは残念ながら可愛いとはいい難い父親ゆずりのふとっちょだけれど、明るいし性格がいいのでこちらも父娘揃って友達になりたいタイプ。
大型ショッピング・モールで警備員として働くシングルファーザーのポールは、6年前の強盗人質事件から救った女性と再婚して幸せの絶頂…のはずが、妻は彼の元を去った。しかし、警備員としての仕事に対する情熱が尽きることはない。ポールは、警備連盟の総会に出席するため一人娘のマヤと一緒にラスベガスへ。すると、宿泊していた高級ホテルで美術品を狙う盗難事件にマヤが巻き込まれてしまう! 再びセグウェイにまたがった彼は、メタボで低血糖の失神体質とも戦いながら、窃盗団に挑んでいく─。
まだセグウェイに乗ってました(笑)総支配人の、勘違いからなんか恋に発展?するところとか笑った。相変わらずその辺のものを使ってアイテムをつくったり、5秒ごとに電気ブルブルさせるのとか、アホなアクション満載だったし、警備員たちの奮闘も可笑しかった。ライバルになりそうな警備主任は結局「いい人」の情けない男に降格でしたねえ。