いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト ―鮮血の美学―

【概略】
父と母と旅行中の少女・メアリーは、友人のペイジと旅先で出会った少年・ジャスティンに誘われ、マリファナを吸いに彼のホテルを訪れるが…。
ホラー


.0★★★☆☆
ウェス・クレイヴン製作のセルフリメイク作品。「鮮血の美学」は見てないなあ。
レイプシーンが長く不快感をもよおしますが、それが返って両親の復讐の正当性を感じさせられる。
知らない相手のモーテルにでかけるというのがすでに危険行為だよね。絶対にこれはやめましょうという教訓だね。
ジャスティンという青年と知り合ってから彼の一家らに拉致され、友達は殺害されメアリーはレイプされたうえ銃で撃たれて瀕死の重症になるのですが、それを知らないまま犯人達をロッジへ招き入れる事になる両親。知ったときにはもう遅い。
ジャスティンは悪い人間ではなく父親の言いなりになっているという設定。そこが唯一の救いではありました。自分らを助けてくれた夫婦の娘がメアリーだった事に激しく動揺していましたね。命からがらポーチまで逃げてきたメアリーは必死だったでしょう。父親が医師だった事も幸いだった。かくして両親の復讐がはじまるんですね。
つじつまのあう理由やテンポもよく、なかなか面白い作品になってました。両親を応援したくなる。
ラストの新しいレンジの使い方にはおもしろドッキリだけど、皆さん真似しないようにね^^(しないか)