いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ランボー3 怒りのアフガン

【概略】
心の傷を癒そうと、バンコクの仏寺に隠居したランボー。しかしそこに、特殊部隊時代の元上官が捕虜になったとの報が届き、彼を救うためアフガニスタンに侵入、ソ連軍最強師団に立ち向かう。
アクション


.0★★★☆☆
ランボー3作目です。公開はソ連とのいざこざがまだある時期だったようですね
今作では、トラウトマン大佐がアフガニスタンでの作戦行動中に捕らえられ、ランボーは大佐を救うために侵攻するソ連軍と死闘を繰り広げるというものでした。
作品中にあるサラセン装甲車や兵器類などは、実際にイスラエル協力のもと撮影されたらしいです。
もちろん戦争自体のの悲哀はあります。ランボーは現地ゲリラ軍と協力することになるんですが、2作は反戦としての面が高かったけど、これは肯定されてる気がするなあ…。なにせ実際ソ連のアフガニスタン侵攻というのがあっての話で、それに米国も関わっていくのだから。そう考えるとちょっと嫌な感じですよね
もちろんゲリラ戦術、機関銃乱射シーンなんかはありますが、やはり私のお気に入りなのは弓です、今作でももちろんありましたね。でもって、トラウトマン大佐はもともとランボーを育てた上官、生粋の軍人さんなんですよね。出来ればもうちょっと戦わせてあげればよかったのに。
ラストの戦闘機VS装甲車とか凄かったです、馬に乗った現地ゲリラ軍が現れるところあたりなんかから、心ならずもときめいちゃった。あの少年は将来ゲリラのリーダーになりそうですよね。