いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

手紙は憶えている

【概略】
90歳のゼヴの記憶は目覚める度に消えたり戻ったりを繰り返す。ある日彼は、友人のマックスからふたりの家族を殺したナチス兵士への復讐の手紙を託される。
サスペンス


.5★★★☆☆
衝撃的な結末!って、これ自分が犯人だったりするんじゃないの、と思ったらその通りだった…うわー残念。
ナチもので、収容所にて人生を壊されてしまった人が持つ執念の凄まじさを描く。
ゼヴは身体はしっかりしてるんだけど認知症が進行していて、反対にマックスは頭ははっきりしているのだけれど体が不自由で。忘れても思い出せるようにとマックスが書き留めてくれた手紙をもとに4人まで絞られた、収容所で殺された家族の仇「ルディ・コランダー」を探すという任務をゼヴは背負っている。
眠ったら奥さんが亡くなった事も忘れてるんだけどね~^;だからか、妙なハラハラ感が…。普通の親切な一般人との会話にもハラハラ。
忘却というのは本当に幸せなのか。ホームに入る前は記憶がはっきりしていたのか。認知症だからこそ昔の思い出ばかりが鮮明になるのでは?など、疑問はつきないが、「現在」でのみ語られるため、その辺りはわからない。
真相は、ゼヴこそがマックスの復讐の相手であり、追っ手から逃げるために、腕に偽の番号を彫ったのだった。これこそが真実。最後のルディはクニベルト・シュトロム、一緒に腕に番号を彫った昔のナチ仲間だったのだー…。「そんな、まさか。」ルディを撃ち殺したゼヴはそのまま銃を自分にむけ…。
痛ましい事件としてニュースになっているホームでの最後のマックスの台詞と目をギュッと瞑る姿が印象的です。「あの二人の男は私の家族を殺した…」。
昔のオットー・ヴァリッシュ(ゼヴの本当の名前)の写真が男前でしたねえ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。