いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳

【概略】
1925年、上海。日本軍へのレジスタンス活動をおこなうチェン・ジェンは、要人が集まるナイトクラブ「カサブランカ」へ素性を隠して潜入し、怪しい動きを諜報していた。そんな折り、日本軍は反日感情の強い中国人を暗殺すると発表。処刑者リストに載った人命を守るため、映画『仮面の戦士』の黒ずくめの衣装を身にまとったチェン・ジェンは、暗殺者たちを次々と倒していくのだった。
アクション


.0★★★★☆
元ネタ作品類をみてないのでブルース・リーが演じたって事くらいしか知らないです。ドニーさんもTVシリーズで昔やってたんだね。その後日譚という位置づけらしいですが…
「キメのドヤ顔ーっ」という煽り文はどうかと思いますが、ドニーさんのアクションはなにしてもかっこいいや。ドニー・イェンさん主演。
敵は相変わらず非情な日本軍なんですが、アクションは総合格闘技ともちょっと違う方向で、これなんていう流派なんだろうか?
冒頭の第一次大戦のヨーロッパ戦線の戦場からドニ-さんの超人的なアクション満載で大興奮しました!何あの砲弾のよけ方。もうドラマはいい、ドニーだけ見つめていよう、そんな感じになりました(笑)

「グリーンホーネット」そのままの黒衣装「仮面の戦士」で雨の中日本軍の手先と戦ったり(一瞬だけど蹴りがすさまじくて惚れ惚れ)、次々と日本人の暗殺からリストの面々を守ったり(子供の「動くな」から上をみたら仮面の戦士がいるシーンはかっこよす)、ラストは日本軍の空手道場にのりこんでの大人数対1というのはちょっとやりすぎな気もするんですが、この演出面の粗さもまた中国映画らしい気がします。一度負けて大勝ちするとことかもね(拳ミキミキいってたよ)。
それにしてもやはりドニーさんのアクションです。速い、重い、ヌンチャク捌きの見事なこと!拷問シーンに萌えた私はおかしいだろうか。ドニーのアクションに関しては完全に大満足、素晴らしすぎる。
スー・チーさんの軍服姿はセクシーでしたが、日本人という設定にはちょっと無理があったと思うよ^;