いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-

【概略】
2000隻の戦艦と80万の兵士で全軍攻撃を企てる曹操軍。謎の疫病により、戦意を喪失し撤退してしまった劉備軍。信頼の絆が揺らぎはじめ、崩壊寸前の連合軍に曹操軍が襲いかかる。
アクション


.0★★★★☆
レンタルが開始されたので再度鑑賞しました。一度見ている+映画館ではないので落ち着いてみられました(前の感想を読むと酷い/笑)
やはりもう少し火計のシーンではアップではなく遠めから次々と船団に火が移っていく様子があったほうがいいなと思ったり、張飛矢に射抜かれすぎだろとか、団子がほほえましくも笑ってしまうとか、妹関係でのお兄様(孫権)が素敵すぎるとか、魏軍人いなくなりすぎだろとか、水軍はどうするんですか~→アッに失笑とか、劉備が空を飛ぶよとか、あぁぁぁああぁ(髪の毛)!とか、その他色々あるんですが…やはり全体で見ると面白かったです。
三国志自体がいままであまり出来のいい映画化をしていなかったので、そういう意味ではほんと良かったなーと思う。
あと今回もやはり「誰だったチェック」をエンドロールでしたんですが、PART1と混ぜ混ぜでしたねぅ;あの魏軍の太眉は結局許褚だったのかなぁ~~~??
ラストが(やっぱり顔が近いよ!)萌萌エンドなので、少しあっけなさを感じてしまいますね。ひとこと、この後の展開とか周瑜がもし生きてたら歴史が変わったかもとかの一文があっても良かったのかも?
一応敵を欺くにはまず味方からという計略ではあったのだけど、信条とは真逆の言動をしなければならなかった劉備の言葉に対する趙雲の返答がつめたくてちょっと笑ってしまいました(笑)



------------------------------------------------------------------
【映画公開時の感想 2009.04.10 Friday】


本日公開ですので映画館に観にいってきました!さすがにモーニングショー+平日ということで人は少なかったですが、年配の男性の方がけっこう1人できてましたね
いや~~~~~呉ファンが増えるのはこりゃ仕方ないわ。結果的には、個人的にはPART1よりこちらのが好きです。局地戦ですので、ネックだった「スケール感がない」てのも解消されてましたし…「火計」部分がとにかく非常に迫力がありました!(あ、黄蓋がいてよかったです、しかもアレ進言してたよね)東南の風→火計だけではなく、火矢に投火石やら、とにかく火です。これが本当に凄い迫力で、まさに火のごとく勢いにのった感じなんですよね。
盾も今作では上手く使っていましたね、ちょっと感心しました(PART1では、盾防御→崩しのあの流れが非常にしらけちゃうところがあったのです)有名なあの「孔明燈」が夜空に無数に浮かび上がるシーンは感動さえしてしまいました。
呉軍の団結力はうまく描かれているとは逆に、蜀側は少し適当な感じがしてしまうのは仕方ないのかな。作戦バレバレの展開ではあったけどそれでも劉備に仁義を捨てる的発言させるのはやはりどうかなと思う(いくらみなを守りたいとはいえです)趙雲は大活躍していましたが、張飛は射抜かれすぎでしょう、ヒドス(笑)みんなで団子を作ってる様は和気藹々していてキュートでしたね。
孔明は格好よかったですね~~~もともと金城・孔明はわたくしキュンキュンしてましたので、ようやく活躍をみれて満足でした; 有名な10万本の矢エピソードもやはり実際映像で観るのは面白いものがありました。「連弩」もあって嬉しさ2倍。言葉少なだけど温和でどこか悠然とした雰囲気がとても良かったですね。金城さんこの姿似合いすぎです。
凛々しい孫権イイね孫権イイね、兄妹愛にもときめいた。尚香に団子皿を無理やり渡されちゃう感じのちょっと弱い部分と妹に着物をかけるシーンの凛々しいところなんかがたまりませんよね。いまいち実写イメージが沸きづらい孫権ですが、このキャスティングは素晴らしいと思います。…団子といえば、皆に団子を分けられ一気に口にほおばる周瑜のあのシーンはユーモアさがあると共に彼らの堅い決意と信頼がわかるシーンで凄く好きでした。
ラストの曹操側の描かれ方は酷かったですが、やはり小喬を絡ませるならあれしかないのかなあ…とはいえ変に勧善懲悪にならなくて良かったというのは本音。でも出来ればやはりベタな少年漫画のような展開ですが曹操側近に守られからくも脱出→ちょっと遠くからそれを仲間たちみんなみているってのでもよかったよね…。中国ではとにかく悪いイメージしかないらしい彼(歴史上人物ではこの方は超人的な英雄の1人ですよ;)の、覇王的な部分を出したおかげか、PART1と比べると好人物として描かれていました。
迫力の映像とこだわり…うーむ、やはり面白かったです!…ただ、ファンとしてだとやはりこれが最高だというのにはならないんですよね。よく出来ています、面白かったです。DVD完全版でてから買うかなーどうしようかなー。