いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

レベル15

【概略】
クリスマスイブのロンドン。SASの隊員・クリスが恋人と過ごしていると、あるクラブが武装集団に襲われ、首相の娘が人質にされたという連絡が入る。
アクション


.0★★☆☆☆
ゲオのおすすめレンタルランキング49位のところにあったので、5本中残り1本を探していた私は、なんとなく手にとってみた。
SAS(英国特殊部隊)VSテロリストって事なのですが、限定された狭い場所での戦闘ということで、どんなもんだ、特殊部隊版「レイド」か?ってそこそこの期待を持って臨んだのですが…なんじゃっこりゃ!で終わりました。
テロ集団の首謀者がカッカしすぎて、無駄に仲間を殺すし、舞台の地下15階も何の意味もなく、設定上、ただ「ダイハード」のナカトミビルを地下に潜らしただけです。
人質になっている首相の娘ってのも何かあるのかと思えば、結局首相の銀行口座狙い。これも設定上そんな重要人物が人質になっちゃってて、わ~お大変ってだけですね。
アメリカだと特殊部隊最強!ってなりそうですが、このSASも正直弱いんだか強いんだかよくわかりません。簡単にやられてまう。
人質が勇気あるなあ。特にアリス。テロリストからナイフを奪うし、ドラッグを水に混ぜるし、決着をつけたのは、彼女の銃撃でした(笑)