いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ROT/ロット 惨劇の同窓会

【概略】
キャンプ中のレズビアンカップルが惨殺される事件が発生。同じ頃、近くの山小屋では6人の男女が同窓会を開いていた。久しぶりの再会を楽しむ彼らだったが…。
ホラー


.0★☆☆☆☆
自主制作映画並みの作品だと思っていたら本当にそうだったー。まあレーベルが「Dark Rabbit」だってことでB級未満ホラーだということがわかりますね。
タイトルバックのシーンはちょっと面白かったですが(頭ポカ→ROT)
山小屋で10年ぶりの同窓会を開いていた6人の男女が、次々と残忍な手口で殺されていくという作品ですね。
誘いの時点で私なら行く気ないけどなぁ…。怪しさ満点だもの。そもそも過去の話なんかで盛り上がっている(?)様子は彼等しかわからないので、みていても面白くはなく、むしろグダグダ感が高まってきちゃうんだよね。
一番印象に残ってるのは、やはり女子から剥ぎ取ったパンツ嗅いで「いい香りだぜ~~」と満足げな森林警備隊のおじさん。フレッシュなものか!変態です!
殺害方法はめちゃくちゃシンプル。木に頭をぶつけまくる!ひたすら殴る!動機も逆恨みという…。それにしても憎むべきはあの男だけで他のメンバーは直接には関係ないんじゃ…嫌いですかそうですか。
生き残るのがあの人だというのも予想外だったけど、結局成就した復讐が効果的だけど地味すぎて(いや実際には大変なことなんですけども、「ホラー映画として」ではという意味で)…わざわざ山小屋につれていく必要なかったんじゃないの、と。それと動機になった事件が一体いつのことなのか。時間経ちすぎじゃないのかな?