いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ロボット・モンスター

【概略】
ある日、ジョニー少年は地球が滅びた事を聞かされる。生き残ったのは自分の家族だけだと言う。地球人の根絶を企む謎の宇宙人は、近くの砂漠にある洞窟に基地を作って潜んでいた。宇宙人は宇宙光線なるものを発して人間同士を争わせ、その上、古代の怪獣を操って人類を滅ぼしたのだと云う。いよいよ人類と宇宙人の最後のバトルが開始される!? しかし、宇宙人は姉のアリスに一目惚れ。果たしてどうなる事やら… 。
SF


.0★★☆☆☆
身体はゴリラの着ぐるみ、頭は潜水帽。しかし実は人類を滅ぼした宇宙人!?大の大人が真面目に作ったとは思えない特撮や穴だらけの脚本で全世界で有名になった超チープなSFの珍作です。
ゴリラ宇宙人はジョニーの姉アリスを好きになって、上司から「皆殺しだ」と命令されるのですが「私には出来ない、でもやらないと」と悩むのです(笑)でも簡単に子供は殺してしまうのである。でもこの話はすべて子供がみた夢という設定なので、そのチープさには深いものもあると思います。
「考えるな…感じるんだ!」という言葉を見た自分に送りたい。あ、これから観る方にも。

感想を書くのも馬鹿らしいほどストーリーが破綻してるのですが、なんともいえない「夢」っぽさ、それこそ意味不明のごちゃごちゃな夢を見たことがある人(私含めて)なんかは、なんとなくこの稚気に「うふふ」なんて思ってしまうところもあるんじゃないでしょうか。
映画としてはゴミ。しかし、作品としては前述の通り深いものもあると思います。妹は殺されるしラブシーンまであるからね!
それにしても宇宙光線のチカチカがうぜええええ!(笑)