いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ロンドンゾンビ紀行

【概略】
都市開発が進むイースト・ロンドン地区の工事現場で、古代遺跡とともに、ゾンビを発見!その一方では、閉鎖の危機に追い込まれた老人ホームを救うため、地元のボンクラ兄弟が銀行強盗計画を進めていた…。2つの事件が同時に起こった時、ロンドンは前代未聞のパニックに陥る!?
ホラー


.0★★★★☆
歩行器を使いながらのろのろ逃げるおじいちゃんとのろのろゾンビのデッドヒート、のんびり穏やかな午後、小鳥がなくなかのこの緊迫感が凄い!!
工事現場でゾンビが見つかる。主人公の兄弟らが銀行強盗をしているうちに瞬く間に広まるゾンビ化。「こいつらは!?」「…ゾンビじゃない」「…ほんとに?」
ゾンビなんて映画で見てますもんね(笑)「頭をうてば?常識じゃない」とかにやけちゃった。その後の赤ちゃんゾンビを蹴るのはちょっとイヤンな展開でしたけど…。

頭180度回転させてぶっちぎるのとか、銃で吹っ飛ぶとか残虐な場面もありますが、この作品はとにかくおじいちゃんハミッシュの歩行器デッドヒートが肝!めっちゃハラハラした~!(笑)またおじいちゃんおばあちゃんの反撃が面白かったですね!

後半まで孫兄弟とおじいちゃんたちの老人ホームの話が交わらないのが残念。そこでの老人たちの活躍も、そのせいか短かった気がするもんね。
フーリガンたちがゾンビ同士で喧嘩してるのとかもウケた。ま、そのおかげで無事脱出できるわけですが…。イギリス名物二階建てバスをとめておじいちゃんの住む老人ホームへ救出に。
老人たちがみんな銃の扱いが巧いところとか笑えた。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」などのように終始クスクス笑えるとかはないのですが、おじいちゃんらが百発百中の腕前で活躍するのはなかなかいいもんだ。