いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

私の中のあなた

【概略】
アナ、11歳。白血病の姉・ケイトを救うために、ドナーとして“創られて”生まれてきた。ケイトに生きて欲しい―その想いは、家族みんな同じだと疑わなかった母・サラは、ある日信じられない知らせを受ける。「もう、姉のために手術を受けるのは嫌。自分の体は、自分で守りたい」とアナが両親を訴えたのだ。
ドラマ


.0★★★☆☆
姉を救うために「造られて」生まれてきた妹。こんな境遇めったにないから気持ちがわかるとはいえないけれど、私は何のために生まれてきたの?そう考えてしまうのは必然だと思う。子供の頃から姉のドナーをしてきて、姉を愛していて、でも、自分の人生だってあるのにね。で、そこでアナが訴える。でも、何故?の部分は観なくても予想できちゃうよね。
デザイナー・ベビーの問題はありますが、家族愛を前面にもってきて、ほら泣けといわんばかりのこの作品に負けてなるものかと思ってたら意外にあっさりしたお話でそこはちょっとずっこけた。でもあっさりとはいっても、随所随所でそうだよねえと共感出来る部分もあったりで、オチも含めてこのくらいのバランスが良いのかもしれません。
残り少ない人生をどう生きるか、苦しくても延命するか、本人にとってどちらが幸せなのかは難しいところですよね。とくに家族は、辛い。この微妙な感情の揺れは誰かを亡くしたことがある人ならわかるはず。また家族の中に病気の方がいる方ならなおさら、この家族の一人ひとりに共感出来てしまうのではないかな。個人的には長男の失読症の病気のところで仕草が甥っ子に似てたので「…もっと頑張るから」というやりとりで、ちょっとうるっときてしまった。また、ケイトとテイラーの淡い恋はあって本当に良かったです。
アビゲイル・ブレスリンちゃんも良かったですが、それ以上に姉ケイトを演じたソフィア・ヴァジリーヴァちゃんが素晴らしかった。キャメロン・ディアスさんが母親役でしたが、長女のことしか考えずに周りが見えていない母親役を意外にも上手く演じられていて、こんな演技も出来るんだと驚きました。