いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ワールド・ウォーZ

【概略】
人類を凶暴化させる謎のウイルスが世界中で蔓延し始めた。事態を収束させるべく、元国連捜査官・ジェリーにある任務が下る。
パニック


.5★★★☆☆
ブラッド・ピット主演ですが評判が悪かったので期待せずに見たら意外と面白かった。ゾンビ映画というよりはパンデミック映画。
Zピラミッドが必見ですかね。ワーワーと群れるを超えて雪崩れ込んで壁を上っていく姿が圧巻でしたねえ。しかしながらツッコミどころも多く、そこがダメな部分と思われるのかなと。
まず、力強い説得力あるいい言葉を話した科学者が呆気なく直後にすべって転んで事故死。音を鳴らすとZたちが襲ってくると判明してからの携帯着信、飛行機の中の乗客の静かなかばんバリケード作り(普通はギャーギャー騒ぎそうなものです)、エルサレムの壁でガードしていたのが歌で呼び寄せてしまうオチも、外の見張り誰もいないのかYO!と思ってしまいました。飛行機墜落でジェリーが無事だったり、病原菌感染で一発OKってのもあったなあ^;
それにしてもZたちの人海戦術(ただ多いだけ)にはびっくりです、エキストラの数なのかCGなのかはわからないけど、とにかく非常に多い。「人が多いなあ…」てのが常に思っていたことでした。
結局事態は収束しつつあるところまではいきますが、優秀とはいえ、いち調査員に全てをかけていたのか?など謎は残ります。だってほら、あの科学者人類の希望の星でしたからね。
…というわけで期待せずにみたら意外と悪くなかったけど、ツッコミどころは満載だった映画でした。