いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ワン・デイ 23年のラブストーリー

【概略】
23年。23回の7月15日。どの1日も、あなただけを見ていた―。愛する人と出逢った日。すれちがいや喧嘩をした日。想いを打ち明けられなかった日。ロンドン、パリを舞台に恋愛の中で誰もが経験する「1日」だけを23年間に渡って描いた、最高にロマンティックな時をかけるラブストーリー。
ロマンス


.5★★★☆☆
アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン他。
大学の卒業式で初めて会話を交わしたエマとデクスター。2人は急速に接近するのだが、お互い「友達」としての道を選んだ。そこから始まる23年間の毎年7月15日の2人の物語。
7月15日という一日だけに焦点をあてた演出は奇抜で新鮮さがあった。しかしその間の余白はある程度鑑賞者に任されるもので、二人にはその間それぞれ恋人やパートナーが出来たりしているのだけれど、満たされない何かがあるという設定。すれ違いの部分がとにかく多くて、非常にもどかしい気持ちでいっぱいになる。なにせ23年!
好きなのに、大切に思っているのに、素直になりきれないタイミングが合わない二人。エマのほうはもうある程度心中にある恋心があり、デクスターは自由気まま。エマのほうが熱い気持ちがあるのが見て取れて、ほんともどかしい!
そしてある時点での7月15日の会話で、一線を越えたことがわかる二人。
ようやく結ばれ幸せの絶頂の二人を襲う悲劇。衝撃的なラストということでアレしかないなーとは思っていましたが、父親とイアンの言葉にじんわりしたりしてね。失った後で重く心に響く喪失感で胸がいっぱいになりました。
二人が初めて一緒に過ごしたはじめての夜を最後に持ってきたのは良い演出でした。二人の出会いの日でしたね。