いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

20世紀少年 第2章 最後の希望

【概略】
血の大みそかから15年後の西暦2015年。人類滅亡計画は悪魔のテロリスト・ケンヂ一派の仕業とされ、ともだちは世界の救世主と崇められていた。一方、高校生に成長したケンヂの姪・カンナは、やがて洗脳施設「ともだちランド」へと足を踏み入れ、ともだちの真相にも近づいていくが、新たに現れた“しんよげんの書”の存在に、再び翻弄されていく。
SF


.0★★★☆☆
話が膨らみすぎてまとめるのが難しくなってしまっていますね…。まあ、なんせ登場人物も多いですからね、あまりにも展開が駆け足すぎて、どうもこう…盛り上がらないんですね。
1章が緩急をつけて盛り上がっていたため、余計にどこをメインにしていいかわからない作り。オッチョの脱獄やサダキヨ登場と退場、しんよげんの書なんかはあるんだけど、あくまで全てが最終章へのつなぎなんですね、そのため必要最低限の事象を露にしていっているだけにみえる。
個人的には最後の希望であるはずのカンナにもあまり希望は感じられなかったかなあ。あ、教会のオッチョのシーンは良かったね!
「ともだち」に支配される世界の説得力があまりない。世界の救世主としてみなが傾倒しているような人物には到底みえないんです。事実はゆがめられてるってわかってはいるけれどもそれにしたって傾倒する理由がみつからない。…まあカルトはそんなものなのかなあ。
それにしても、改めて人類滅亡計画ってさ何度やればいいんだろうね~。