いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

New York 結婚狂騒曲

【概略】
ラジオの人気番組を持つエマは、ある日恋愛相談に乗った女性に別れた方が良いと忠告する。その結果振られた消防士のパトリックがエマに復讐を企て…。
ラブコメディ



ユマ・サーマン、コリン・ファース、ジェフリー・ディーン・モーガン。
ももも勿論コリン・ファース目当てですよ!!
逆恨みからはじまるドタバタ三角関係、そもそもは、ラジオでエマが一人の女性の恋愛相談に乗り「別れた方がいい」と忠告した事からはじまる。
その結果振られた消防士は、結婚を控えているエマと自分が結婚しているよう、ネットで戸籍を改ざんして復讐するんですね。(まあ、こんなことありえるの?って思ったけど)エマは戸籍上の夫である消防士パトリックに会いにいき…といったお話。

コリン・ファースは結婚を控えたエマの完璧な婚約者役ってことで、これまた合ってるじゃありませんか~^^過ぎるほど魅力的でありえないほどいい人という設定。しかも完璧な脇役。ユマ・サーマンとジェフリー・ディーン・モーガンが主役なんです。

果たして真実の愛はあるのか?復讐から始まった恋、現実的な安定で友情的な相手も大切だけど、時には相手が何をするかわからない、ドキドキのときめきがいいこともあるんです。

ラストのラストでコリン・ファース演じるリチャードは「幸せになれ」と自分が結婚する相手を見送るのです。堂々とチョコを食べながら(笑)このリチャードのキャラはチョコ好きで隠しもってるという設定なのですが、エマにとりあげられてたのよね^;

↑花嫁の父みたいだけど違いますよ。
「既に結婚している」ため、大量の書類を役所に提出しなければならなかったのですが、それを燃やしてスプリンクラー→消防署GOで花嫁姿のエマとパトリックが再会。
アラヤダ、主役2人きりの画像がないじゃない(笑)