いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ネバーランド

【概略】
1903年のロンドン。新作の芳しくない劇評や、妻との関係に悩む劇作家バリは、シルヴィアと4人の息子たちとの交流に安らぎや生きる喜びを覚えていた。父の死を心の傷としている三男のピーターに書くことのすばらしさを伝え、病気を抱えたシルヴィアを気遣うバリ。やがて舞台「ピーター・パン」は初日を迎えるが…。
ドラマ


.0★★★☆☆
事実に着想を得た物語、ということは全部が全部事実ではないということか。
劇場の中で雨が降るシーンが好きです(実際に振っているのではなく、バリから観た視点ですね)。
子供たちとの会話が楽しい。「想像力」の世界ではなんでも自由なの。空だって飛べるかも。
ピーターが住んでいるのは現実的で打算的な大人の世界。最近の子供たちもそうですよね…バリの想像力は何の役にもたたない。でも早く大人になる必要なんてないんですよね。劇中の長男のように時期がくればやがて自分で変わっていくものなの。
あたたかく愛情深くピーターや子供たちを見守るバリを演じたジョニデが良い。凄く凄く抑えた演技でしたね。でもそのおかげか爆発するような感動ではなく、静かで、胸をしめつけるようです。ラストのフレディ・ハイモアくんのあの涙で私も涙がでてきちゃった。
ネバーランドって誰の心の中にでもあるものなのですね。劇中のバリのように、子供たちをなにか楽しいものに夢中にさせることが出来る人って素敵です。