いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

やさしい本泥棒

【概略】
第2次世界大戦下のドイツ、戦争により家族を亡くした少女・リーゼルが、1冊の本をきっかけに心を開き、人々に希望を与える人間ドラマ。
ドラマ


.5★★★☆☆
「人の価値は約束を守れるかどうかだ」
焚書や、ユダヤ人の強制連行など、様々な弾圧の下で苦しむ人々をある少女の視点を通して市井の人々の生活の中を描いた秀逸な作品。
戦時であるだけで、基本はヒューマンドラマです。おひとよしな義父、厳しいが愛情溢れる義母の元で暮らす、純真な少女リーゼル。でも彼女は字が読めない、書けないのです。ある晩、リーゼルが「墓掘り職人の手引書」を持っているのを養父が見つけ、それ以来二人は毎晩少しずつ本を一緒に読みといていくことになりました。
言葉を覚えるリーゼルと相反するように、ナチスによる言論統制の様子が描かれていきます。広場に積み上げられた大量の本も焼却されるのですが、そこでリーゼルは焼け残った1冊の本を秘かに持ち帰るのです。手にした本を繰り返し読みながら、リーゼルの心の中で言葉の力が確かに育っていくのでした。こうしたリーゼルの小さな「盗み」が、「本泥棒」というタイトルの所以です。そこから物語は、新たな展開を見せます。

語り手の正体は、実は死神さんでした。…とはいってもおどろおどろしいほうじゃなくて、魂をあちら側に連れて行くのが仕事の人情派です。こういったファンタジー部分も出てくるので、悲劇ばかりではなくユーモアも忘れない描き方が心地よかった。
やがて義父の下にユダヤ人青年マックスがやってきます。彼の父親は義父の命の恩人で、匿う事に…。「言葉は命」とマックスはリーゼルに教え、リーゼルは、自ら「書く」事を学ぶのです。
空襲が始まり、防空壕で怯える町の人達になんとリーゼルは、覚えた本の話を聞かせます。まるで少女が大人になったような瞬間でした。
あれだけ本好きだった私も今やもう本から遠ざかっちゃって、お気に入りの自宅にある同じ本を読むばかり。一度でも本が好きになった事のある人なら、リーゼルの気持ちや心境に共感できるところがあると思う。
黒人アスリートを尊敬するレモン色の髪のルディ少年が可愛くって。リーゼルもルディの事が好きだったんじゃないかな。ある夜、焼夷弾で町が焼けてしまい、周囲の人がみんな亡くなってしまうけれど、地下室で眠り込んでいたリーゼルだけは無事だった。そしてルディのお父さんのお店で働き、マックスと再会し幸せな生涯を送ったというラストでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。